埼玉県川口市の石仏

1・三仏寺 川口市戸塚南4-19

 埼玉高速鉄道線の戸塚安行駅西口下車、県道103号線を西に約1キロの戸塚西中学入口の信号を右折300mで右に三仏寺がある。境内の右に三段の石積の基礎、台石の上に石祠がある。三神立像で中央が天神、右が稲荷、左に弁財天が並ぶのは珍しい。右面に文政十一年(1828)の紀年銘。左面に「當寺十七世現譽建立」とあり中興の上人の名前がある。なおこの現譽上人の像も残されている。

 


2.西福寺 川口市立野413

 西中入口交差点まで戻り左折400m先の西立野保育園前の細い道を左折、100mで三叉路となるので左へ行くと300mで右に西福寺がある。駒型の庚申塔は青面金剛がドクロの首飾り、腰に蛇を巻き付けいる。邪鬼は頭を踏みつけられて苦しそうな顔が面白い。享保四己亥天二月吉祥日(1719)の紀年銘がある。その隣の板碑型三猿塔は元禄二年(1689)建立。他に新しい仁王一対や聖徳太子、普門品供養塔など江戸後期の文字塔がある。なお三重塔は三代将軍家光の長女千代姫が奉建したもの。また観音堂には百観音が安置されている。

 


3.持宝院 川口市安行804

 西福寺を南へ600m行くと高速外環道に行く、その先の安行西交差点の左に持宝院がある。入口に六地蔵があり境内に十数基の石仏が並んでいる。不動明王、馬頭観音、庚申塔などで古様式の阿弥陀種子板碑の隣に舟型の胸前で宝珠を両手で持つ地蔵立像がある。「奉造立地蔵尊為庚申供養逆修善根也 干時寛文十二壬子天二月十五日(1672)赤山之住人一結之男女敬白」とあり気品のある像容である。

 


 

4.興禅寺 川口市安行領家401 

 

 持宝院から東京外環道沿いを東に行き「花と緑の振興センター」交差点を右折200mのバス停前に板碑型の三猿庚申塔がある。寛文八年(1668)銘。その先に興禅寺がある。庚申塔 二基と普門品供養塔が並んでいる。左側の青面金剛は元禄七年(1694)建立で、首にドクロの飾り、各手首には蛇を巻き付けている。右の青面金剛は宝暦八年(1758)建立で山高帽子のように髪の毛を高くし蛇が巻き付いている。右手にショケラ、左手に独鈷鈴を持つ川口型と呼ばれる特徴を表している。墓地の住職墓の左奥にスダジイの大木があり、その根元近くの幹に地蔵立像が埋まるように置かれている。

 


 

5.日枝神社 川口市赤山218 

 

 バス停の庚申塔の脇にある細い道を南西に行き約300mで広い道に出たら右折。約500mで赤山の日枝神社がある。境内の左に石仏が固まってある。地蔵立像、その後ろの青面金剛は合掌の六臂で脚を大きく広げて立ち、目鼻立ちが窪んでユーモラスである。元禄十二庚辰十月吉日(1700)銘。写真の手水鉢は表に三猿を浮彫し「奉待庚□供養 延宝八庚申□□」(1680)とある。他に文字の光明真言塔、普門品供養塔、聖徳太子供養塔がある。

 


 

6.源長寺 川口市赤山1285 

 

 県道161号線を南下、約500mで高速川口線があるが、そのまま直進新井宿に入る。500m先の新井宿東交差点手前に源長寺への参道がある。左の青面金剛は合掌の六臂で周囲に白いカビが散らばっており正徳六年(1716)の造立。中央の両手で数珠を持つ地蔵は承応四年(1655)造立。右端の地蔵も承応二年(1653)造立でいずれも江戸初期である。他には現代の作品である涅槃釈迦像と鎌倉期からの板碑多数、そして伊奈家歴代の墓所などがある。

 

 

 


 

7.多宝院 川口市新井宿157 

 

 源長寺を出てすぐの細い散歩道を西に行くと多宝院の横に出るが少し分かり難いので地元の人に確認すると良い。子日宮神社と多宝院が並んでいる。山門を入ると右側に庚申塔 四基他が並んでいるがどれも風化が進み見栄えがしない。右から4番目の角柱で三猿の文字塔は文政三庚辰年十一月吉日(1820)の紀年銘で左面に「武州足立郡赤山領東新井宿村 南 はとがや 東新井宿村道 東 千住道 大間木道 北大門道」とあり市指定文化財。入口の小屋を開けると写真の成田山不動明王坐像が安置されている。光背に朱色の着色が残ており文化四丁卯二月大吉辰(1807)の銘がある。

 


 

8.宝蔵寺 川口市西新井宿353 

 

 多宝院の道路向かいに宝蔵寺がある。山門手前左に二基の地蔵が並び清楚な花が供えられていた。大きさは少し違うがどちらも花見堂地蔵である。地蔵立像の右に「奉造立花見供養二世安楽所」左側に紀年銘が書かれている。右側の大きい方は「元禄六癸酉天三月三日」(1693)。左側の小さい方は「宝永三丙戌歳三月三日」(1706)でどちらも「三月三日」の造立であり、私は初めて花見堂供養地蔵に巡り合い行程後半の疲れも消える嬉しさである。宝蔵寺と多宝院の間の105号線を南に出るとすぐに新井宿駅西の信号に出るので、そこを左折するとすぐ埼玉高速鉄道の荒井宿駅がある。